PlasmaTactは大気圧ガスプラズマシステムです。様々な表面処理にご活用いただけます。大気圧プラズマにより素材の接着や洗浄、活性化などの表面改質が可能です。

Feature

1/ 2/ 3

大気圧プラズマ

PlasmaTactは大気圧下でプラズマを生成します。
コンパクトで持ち運び可能な大気圧プラズマ装置で、高価で扱いにくい真空関連設備は必要ありません。

アルゴンガス

アルゴンガスは不活性の単原子分子です。
PlasmaTactはアルゴンガスをプラズマ化します。
アルゴンガスを使うことでオゾンやNOxの生成を抑えることができます。

マイクロ波方式

通常、プラズマの生成は低周波、高電圧で行いますが、PlasmaTactは2.4 – 2.5GHzのマイクロ波を利用しています。
これにより低電圧で、低温のプラズマ照射が可能です。

Feature

01/ 02/ 03

大気圧プラズマ

アルゴンガス

マイクロ波方式

PlasmaTactは大気圧下でプラズマを生成します。
コンパクトで持ち運び可能な大気圧プラズマ装置で、高価で扱いにくい真空関連設備は必要ありません。

アルゴンガスは不活性の単原子分子です。
PlasmaTactはアルゴンガスをプラズマ化します。
アルゴンガスを使うことでオゾンやNOxの生成を抑えることができます。

通常、プラズマの生成は低周波、高電圧で行いますが、PlasmaTactは2.4 – 2.5GHzのマイクロ波を利用しています。
これにより低電圧で、低温のプラズマ照射が可能です。

Process Data

PlasmaTactはプラズマ化したアルゴンガスを用いて、プラスチックなどの熱可塑性樹脂や熱硬化性樹脂、金属、ガラスの表面を疎水性から親水性に変える表面改質が可能です。
難接着材料の前処理や有機物の洗浄への応用が期待できます。

Cu/ Al/ PEEK/ ABS/ PP/ PI/ Silicone rubber

素材 処理前 処理後
Cu 93.0° 26.9°
Al 88.0° 26.3°
PEEK 89.4° 22.6°
ABS 89.2° 13.0°
PP 98.9° 40.8°
PI 71.0° 12.2°
Silicone rubber 111.6° 5.7°
Epoxy resin 83.3° 18.9°
Glass 56.6° 4.8°
LCP 95.7° 19.5°
PA12 87.3° 22.0°
PBT 92.1° 32.4°
PC 86.0° 40.3°
PE 93.6° 14.2°
PEI 81.0° 18.8°
PES 76.5° 25.2°
PET 78.5° 18.1°
Phenol resin 87.0° 18.8°
POM 91.0° 59.6°
PPA 70.5° 36.7°
PPS 80.0° 30.7°
PPSU 85.7° 18.8°
PS 88.9° 14.2°
PVC 76.5° 33.3°
SiO2 glass 15.9° 4.3°

Specification

Model name PLT-50
Frequency range 2400 - 2500MHz
Output power range 10 - 50W (1W steps)
Gas flow rate Main gas:5.0slm - 10.0slm
(0.1slm Steps)
Power source 100 - 220V ±10% 50 - 60Hz
Power consumption Single phase 350VA
External dimensions (W)323 × (L)400 × (H)177 (mm)
Protruding parts not included
Weight Approx. 16kg/35lbs

Structure

Control unit

ガス流量とプラズマのパワーを制御します。前面パネルのボタンで操作可能です。リモートコントロールインターフェースも備えています。

Plasma torch

プラズマを生成する部分です。直径2mmの噴き出し口から大気圧プラズマが噴射されます。
直径12mmの領域を表面改質可能です。
(ガス流量、投入電力、照射距離、照射時間に依存)

Catalog

Medical

この大気圧プラズマ技術は医療機器にも使われています。
Adtec SteriPlas は、局所抗菌コールド プラズマ医療器です。
抗菌効果や治癒の促進が証明されており、創傷や手術部位感染症、皮膚病の治療において抗生物質よりも効果が期待されます。
効果を確認する臨床試験が数多く行われていますが、副作用は報告されていません。
この装置はADTEC Europeで販売しています。

TOP